上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
26日の土曜日に分娩先の産院に今まで通院していた産院からの紹介状を持って検診に行ってきました。

3月に一度検診を受けているので3ヶ月ぶり。
実家から車で10分くらいのところにあるキレイな産院です。
本当はもう里帰りをしていなければならない時期なのですが、そんなに早く実家にいっても日中は父母ともにまだ現役で働いているので一人ぼっちだし、我が家から1時間足らずでいける距離なので予定日の一ヶ月前に里帰りする予定。
でも先日、夫の従妹が予定日より一ヶ月早く赤ちゃんが生まれたそうです。
しかも36wで生まれたのに体重はすでに2700gを超えていたそうで。
そんな話を聞いてしまうと、一ヶ月前で大丈夫なのかチョット不安に・・・。

今回は検診と里帰り用の荷物などを実家に運ぶのが目的です。

予約制ではないので、早めに家を出て10時に到着。
尿検査のあと心電図と採血。
一時間くらい待ってエコー。
今までの産院ではDVDに録画でしたが、今回からはVHS。
赤ちゃんは指しゃぶりしてました。そのシルエットが可愛かった~(親バカ?!)

妊娠してから子宮頸がんの検査をしていなかったので、そのための内診も行いました。
結果は次回分かるそうです。
あとは血液検査の結果、若干貧血の傾向があるとのことで注意するよう言われました。

34wに入る水曜日から胎動チェックをするように言われました。
一度目の胎動を感じてから10回動くのにかかった時間を毎日チェックしてグラフ化しなければなりません。
30分以上かかるようならば計りなおし、60分以上かかった場合は来院するようにとのこと。
今日、試しに計ってみたら5分とかかりませんでした。

次回は7月1日に分娩前に必ず受けなければならない母親学級があります。
次回の検診は7月7日。
それぞれ平日なので電車で一時間かけて行くしかないですね。


翌日に夫と父が一緒にゴルフに行く予定があったので、その日は夫と二人で実家に泊まりました。
実家に泊まるのなんて、結婚して12年の間に片手で数えるほどなので、あまり眠れず。
(基本的に自分のベッドじゃないと熟睡できないタイプなもので・・・)
昔は自分の家だったのに不思議なものです。

来月から2ヶ月近く滞在できるのかしら。
少しでも居心地が良くなるように、里帰りしたら色々手を加えようと思います。
スポンサーサイト
今日は母親学級で友達になったママ友と4人でランチしてきました。

本当は保育園でプレママ向けの赤ちゃんとのふれあい体験の予定だったのだけど、0歳児クラスで麻疹やお熱の子が出たという連絡がきて、みんなでキャンセル。
せっかくだからランチしましょ♪ってことになり、行ってきました。

4人の中で予定日が一番早い私。
でも他の3人も私の後一ヶ月以内が予定日の人ばかり。
なのに、みんなよりオナカが一回り大きくて驚かれました。
たしかに最近、胸の真下から大きくせり出していて、胸とオナカの隙間に異常に汗をかきます。
それにマタニティパンツのゴムやブラジャーのアンダーの部分がきつくて、臨月までもつんだろうかって感じ。

ちょっと前まで胎動はオヘソの周囲だったのに、今は右のわき腹でゴニョゴニョ動いてると思うと左もゴニョゴニョしだすし、一体赤ちゃんはどんな体制で中にいるのか全くもって不明。
予定日まで50日をきっているので、結構大きくなっているのかな。


みんなでそんな話をしながら美味しいランチを食べました。
それ以外にも『ベビー用品何そろえた?』なんて話になって・・・。

私は義姉妹や友人から沢山お下がりを頂いたので、何も買わずに済んでしまいそうな恵まれた状況。

お洋服や肌着に至っては大人用の衣装ケース3段を使っても足りないくらいの洋服持ちさんになってます。
サイズも50cmのものから9ヶ月くらいまで着れるものまで。

大物はベッド・ベビー布団・バギー・抱っこ紐・スリング・チャイルドシート・ベビーシッターバランス・ベビーバス・メリー・クーハン。。。もろもろお下がりを頂いてしまったので、必要なものはなさそう。

しいて言えば、ベビー布団のカバーをインテリアに合わせたいっていうのと、バギーはB型のものなので赤ちゃんが生まれてみてA型の必要性を感じたらAB兼用を買おうかってとこくらい。

あと我が家は和室がないので、赤ちゃんのために先日遊びに行った友人宅で使っていた置き畳を検討中。
     http://www.shikiraku.com/product/shikiraku/index.html
とても素敵な畳だったし床暖にも対応しているとのことで、迷ってます。

2010.06.17 送別会
退職するにあたり、沢山送別会を開いていただきました。
本当は飲み会大好きな私。
でも今はさすがに飲めない・・・。
それに仕事を一日終えてから出掛けるのが結構しんどくなってきたので、ランチに送別会を開いてもらったりして。

私が入社した頃からお世話になっているFさん。
東京會舘で5千円のステーキランチをご馳走になっちゃいました♪
最近は胃がせり上がってきているせいか、一度に沢山食べるのが無理になってきているのですが、美味しさのあまりペロリとデザートまで平らげてしまいました。
もちろん体重は1kg以上UP!!!

4月から育休復帰した同じ年のHさん。
部署も違ったし仕事での関わりはそんなになかったのに、お寿司をご馳走になりました。
『私も産休に入る前に沢山の人にこうやってご馳走になったの。だから遠慮しないで!』
と、スゴク嬉しかった。

そしてとてもお世話になっている部長には夫も一緒に食事に誘っていただきました。
しかも私の大好物、鰻!
部長と夫は初対面でしたが、同業他社に勤める夫と仕事の話をしたり、子育ての話を伺ったり。
部長も結婚して12年目37歳の時に第一子を授かったということで、まるで我が家の話のようでした。


それからいつも一緒に飲んだり食べたりして騒いでいる仲良し仲間。
土曜日にそのうちの一人のオウチで送別会を開いてくれました。
メニューは私の大好きなものづくし。     P1000123.jpg
どれも美味しかった~。
しかもデザートは私の顔を模ったケーキ!!!
     20100612140433.jpg 
こういうケーキの存在は知っていたけど、まさか自分のケーキを食べることがあるなんて夢にも思っていなかったので
すっごく嬉しかった。

明日は一緒に仕事をしていたチームの人が送別会を開いてくれます。
幸せ者な私。みんなに感謝です☆
2010.06.13 退職
6月11日(金)で仕事を退職しました。
99年11月から10年半勤めた職場です。

当初から赤ちゃんが出来たら仕事は辞めると考えていたし
夫が転勤族ということもあって
契約社員にはならずに派遣で働き続けていたら
10年半も経ってしまいました。

60人以上いる部署内では4番目に古株で
派遣としては本当に『長老』になってしまいましたが
こんなにも長い期間働くことが出来たのも
仕事が私の性に合っていたことと
なにより職場環境に恵まれていたおかげだと思っています。
上司も同僚も家族のような職場でした。
飲み会・食事会はもちろんのこと、みんなでBBQしたり、バスツアーに行ったり
仲良し仲間とは2回も弾丸ツアーで海外旅行に行ったりもしました。


10年半の間には二度の入院や切迫流産などでの自宅安静1ヶ月もあったりして
何度も長期間のお休みもしました。
誰かが代わりに急に出来る業務ではなかったので
そのときは本当にチームのメンバーに迷惑を掛けてしまうことが申し訳なかったです。

今回も 『10年半のスキルがもったいないから戻ってくればよい』 という
ありがたいお言葉を頂きましたが
待ち望んだ我が子の子育てという大仕事を思いっきりやってみたいというのもあって
退職する道を選びました。

でも本当に沢山の知識や経験を得ることが出来たこの10年半は
私にとっては一生の財産です。
大切な友人も沢山出来て、感謝の気持ちでいっぱいです。
出産という私の中での一番の理想の形で退職することが出来て本当に良かった。
出勤最終日まで何事もなくオナカの中で元気に育ってくれた赤ちゃんにも感謝です。


最終日には他部署からも沢山の人が駆けつけてくれて
気づいたらとても大勢の人に囲まれた形での送別セレモニーになっていました。
緊張と寂しさから何をスピーチしたのか覚えていませんが
涙が止まりませんでした。

実際、まだ辞めたという実感がわきません。
なんだかお休みをとっているだけの気分。
腑抜けになっている私ですが、そろそろ赤ちゃんを迎え入れるための準備を開始しようと思います。
私の本当の大仕事はこれから。
あと2ヶ月、のんびりマタニティライフを過ごそうと思います。



沢山お花も頂きました。
今はオウチが花でいっぱい。幸せ気分です。
Nicolai BergmannのBOXアレンジ とっても嬉しい♪
P1000159.jpg 

P1000102.jpg 

P1000106.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。