上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.31 ☆ 誕生 ☆
41w1d。
8/19(木) AM4:56 2896gの元気な女の子を出産しました。

月曜日に診察に行った時に病室が満床だから水曜日あたりまで生まれないほうが良いと言われていたのをオナカの中でちゃんと聞いていたのか、水曜日に日付が変わったとたんに破水しました。
病院に到着するまでは、『病室がなかったらどうしよう』 と思っていましたが、ちゃんとした個室に案内されて一安心。
前日だったら部屋はなかったようです・・・。

8/18(水)
0:50 就寝中に突然の破水
1:20 病院到着。子宮口は開いておらず陣痛もなし。
   NSTの機械をつけて剃毛&浣腸。感染症の血液検査。
2:00 すぐのお産にはならないとのことで病室で就寝。
3:30 生理痛よりちょっと痛いような痛みが8分間隔。
7:00 感染症の数値が多少出ているとのことで抗生物質の点滴開始。  
7:30 朝食を完食。
8:40 診察により赤ちゃんの頭が触れるところまで下りており
   子宮口も柔らかく状態が良いため、早ければ昼にはお産と言われる。
9:00 夫到着。
12:00 昼食を完食
15:00 おやつ
   陣痛の間隔は相変わらず8分感覚のまま。
   痛みは強くなってきたので夫に腰を摩ってもらったり
   お尻を押さえてもらったり。
18:00 夕食はさすがに何口かしか食べられず。
   喋ることも動くことも辛くなる。陣痛4分間隔。子宮口は開かず。
ここからはずっと陣痛間隔が3分~7分とまだらになり、辛い時間を過ごす。

8/19(木)
入院から24時間後。
1:30 分娩室に移動。子宮口はまだ8cm。
陣痛間隔は1~2分。
昨夜から眠れていないので痛みがない時間は意識朦朧だったらしい。(夫談)
陣痛中はほぼ叫ぶ。
立会い出産だったので、隣で夫が一生懸命呼吸法を指導してくれたり、お水を飲ませてくれたり、マッサージをしてくれたり。
出産経過をビデオに撮ることも忘れていなかった夫。
本当に感謝です。
3:30 陣痛が弱いとのことで促進剤を点滴。
4:56 出産

赤ちゃんが出てきた瞬間はもちろん感動したけれど、『疲れた・終わった』という気持ちも大きかった。
でも・・・痛みから解放されると思っていたら、その後の処置が陣痛の痛さを吹き飛ばすくらいの激痛。

会陰切開だけでなく、膣壁も裂けて傷ついてしまい、縫う処理が1時間。
麻酔が全然効かず、医師や看護師を蹴ったり叩いたりしてしまった。
それくらい痛くって・・・。
出産の痛みよりもこれの方が私は辛かった。

出血も1ℓと多量だったので、産後2日間は貧血のため寝たきりの生活を強いられてしまいました。
生後5日目となる24日(火)に退院。
今は初めての育児に悪戦苦闘中です。
スポンサーサイト
2010.08.16 出産ラッシュ
予定日超過5日目。

一日おきの通院は毎回7200円かかるため、結構な出費になってます・・・。
でも仕方ない、赤ちゃんはまだオナカにいたいみたいだから。

今日も通院日。
病院について、いつものように新生児室の前を通ってフットバスを受けに行こうとしてビックリ!!!
新生児室、満員御礼。
満員どころか、赤ちゃんのスペースが足りなさ過ぎてワゴンみたいなのに乗せられたままの赤ちゃんも沢山。
思わず数を数えちゃいました。
20人以上いたなぁ。
助産師さん曰く、14日に過去最高の8人の出産があって、今は病室も満室とのこと。
そのせいで、マタニティヨガなどをやる小ホールに布団を敷いて雑魚寝状態の産後の方も数人いました。
まるで台風や地震の災害にあって体育館や公民館に避難させられているような光景。
今日や明日に産気づいてしまったら、私もホールに入院になってしまうそうです。
だからしばらくは大人しく過ごして産気づかない方が良いとも言われてしまいました。

母親学級の時に8月は分娩予定が多いとは聞いていたけど、ここまでとは・・・。
早く赤ちゃんに対面したいけど、きちんと病室に入院したいわ~。


NSTではいっつも寝てばかりの赤ちゃん。
今日も例のごとくまったく動かず。
何度かオナカをトントンして起こしたりしましたが、基本的に午前中や夜中はよく寝ています。

内診では子宮口グリグリ初体験!
痛かった~。
思わず『痛ててて・・・』って声を出してしまいました。
子宮口グリグリ効果なのか、子宮口はやわらかくなっているそうです。
あとは陣痛待ちとのこと。
でも出来れば水曜日以降の病院が少し空いてから陣痛が起きるとイイナ☆
2010.08.11 予定日
今日は出産予定日。

9時に検診に行って、すぐにNST。
でも赤ちゃんは熟睡中で、ベテランの助産師さんにオナカを結構な強さで平手打ちされて
  『赤ちゃ~ん、起きてちょうだ~い。』 って。
手のひらの跡がつきそうな位な平手打ちに赤ちゃんだけでなく私もビックリしちゃいました。
でも一瞬起きた赤ちゃんも、また途中で寝ちゃったみたい・・・。
今日はオナカの張りも少な目だと医師に言われました。

その後はフットバス。
フットバスは予定日超過の人のみ受けるのだけど、私の前に3人も待っていて、こんなに超過している人がいるんだなぁとチョット勇気付けられたりもして。
ラベンダーとクラリセージのオイルを入れたフットバスを15分。
陣痛が促進される効果があるらしいけど、効いてくださ~い。

そこからが長かった・・・。
3時間待ってようやく診察。
ずっと座って本を読んでいたら、オシリが痛くなっちゃいました。
赤ちゃんの横顔や正面顔など色々見せてくれて、推定体重は前回とあまり変わらず3050g。
内診では子宮口はまだまだ閉じているとのこと。
どうすればよいのか聞いてみたら
   『歩くのもよいけど今の季節は暑いし、歩いても足が疲れてしまうだけでしょう。
    母親学級で教えた船漕ぎ運動を頑張ってみてください。』
と言われました。
でも予定日を過ぎたからといって気にすることはないようです。

赤ちゃんは生まれたいと思ったときに生まれてくる。
周りからは 『まだなの?』 ってプレッシャーがすごいけど、そのうち絶対生まれてくるんだからネ!
次回は明後日の診察です。 
7月27日 37w6dの検診では2879gにまで成長していた赤ちゃん。

8月3日 38w6dの本日は3020gになっていました。

NSTでは元気に動き回っている赤ちゃん。
でも子宮口はまだまだ開いていないようです。
秒殺の内診なので、本当に見てくれてるの?って感じだけど
私自身もお産の兆候がまったく感じられないので、予定日超過してしまいそう。

来週一週間が夏休みという私の父母は、今週中に生まれてきてくれれば来週は一緒に過ごせる
と思っていたようですが、それは叶わぬ夢に終わりそうです。

次回の検診は出産予定日である8月11日。

予定日を越えると一日おきの検診になるそうです。
ただ、産院のお盆休みが13日~15日。
13日は予定日超過の人のためだけに特別に診察をするとのこと。
予定日を過ぎても極力促進剤などは使わずに、自然にお産が始まるのを待つのだそうで
10日以上過ぎたら、その後の方針をどうするのか話し合うのだそうです。

それから予定日を過ぎたら毎日アロマセラピーのフットバスを受けに行かなければならないみたい。
陣痛を促進し、出産をスムーズに進めるためにラベンダーとクラリセージを入れてのフットバス。
この暑いさなか、出来ればフットバスなんてしたくありません。
一回500円。予定日を10日も過ぎたら結構な出費です。

胎動もオナカの中で動き回るのが大変なようで、グイグイがかなり痛みを伴います。
しかもいつも同じようなところを押してくるので、そこにも妊娠線が現れてきました。
どんなに予防クリームを塗っても汗で流されてしまって、私のオナカは妊娠線だらけになってます。
妊婦の勲章として、仕方がないとあきらめていますが・・・。

早く出ておいで~。
みんな首を長くして待ってるよ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。