上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社に復帰してから、バッグにマタニティマークを着けるようになりました。

通勤電車は満員ではないけれど、朝は座れることは稀、帰りは50%くらいの確立で座れます。

通勤時間は30分くらいだしツワリもあまりないので立っていられないこともないのだけど

やっぱり座れた方が体がラク。

特に帰りは仕事終わりで疲れていることもあって、自分の駅まで座れない状況の時は

駅から10分の道のりをタクシーで帰ってしまったりする有様です。

 

マタニティマークを着けてからは優先席の前にしか行かなくなりました。

『妊婦なんだから優先してよ!』って意味じゃなく

優先席以外のところに立ったときにマタニティマークを見せるのは申し訳がないというか何と言うか・・。

 

自分が妊娠する前にもなんどもマタニティマークを着けている人に席を譲りました。

でも私は意外と心が狭いので、譲っておきながらも

『なんで優先席の方に立ってくれないのかナァ・・・』 なんて思ったりしながら譲ることもしばしば。

イヤ、本当に心が狭いんですね!

 

でも自分がマークを着けるようになって、席を譲られることは一度もありませんでした。

誰だって座りたいのは同じ、健康そうでも見た目では分からない病気の人なのかもしれないし

それはそれで仕方のないことなのですけどね。

 

今日の会社の帰り、初めて座席を譲ってもらったんです。

40代後半くらいの男性でした。

すっごく嬉しかった。

でも心の中では『この人も座りたいだろうに、申し訳なかったな』という気持ちの方が先行してしまって

あまり落ち着いて座っていることが出来ませんでした。

譲られたら譲られたで居心地が悪いような気がしてしまう、ワガママな私です。

 

話は変わってしまいますが、私には親友が二人います。

一人はちょうど今妊娠中で、高校時代からずっと仲良くしているM。

もう一人は小学校時代からの友人で連絡をとることが年に一回あるかないかくらいにも関わらず、

どういうわけか私の身に何かが起こったときに限ってメールをくれるT。

 

Mには妊娠の連絡をしていましたが、Tにはしていませんでした。

でもまたまた今回も彼女の第六感が働いたようで、妊娠初期にまるで何かに気づいているかのようなメールが届きました。

その頃はまだ妊娠を伝えられるような状況ではなかったので当たり障りのない返信をしていたのですが・・。

彼女はすでに2児のママで、私がママになることを待ち望んでいてくれている友人の一人でもあります。

今日、メールをする機会があったので、妊娠を伝えました。

 

彼女は仙台に住んでいますが、わざわざ電話をかけてきてくれて、とても喜んでくれました。

そして色んなアドバイスもしてくれました。

自分の妊娠を家族以外の人がこんなにも喜んでくれるのって、本当に嬉しいことですね。

 

昨日で12週に入り、安定期まで一ヶ月となりました。

無事生まれてきてくれるまでは安心は出来ないけれど、早く安定期に突入したい。

明後日は待ちに待った病院の日です。

昨日あたりから右足の付け根がチクチク痛むのだけど、これは子宮が成長しているからなのかなぁ・・・。

エコーで元気な姿を見るまでは、不安を拭い去ることは出来なさそうです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://takejunbird.blog117.fc2.com/tb.php/4-b7905687
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。